開業を行う上で、医師の方にとっては、開業は一つの夢である、という方もおられます。まず、自宅で患者さんを診察することになるため、自宅そのものが仕事場ということになりますので、住居をそのまま、その開業した医院に設けている場所も少なくありません。その場合には、2階などに家族が住み、1階は患者さんを診察する場所、というケースなどがあります。または、完全に大きな開業を行う場合には、当然ながら、仕事場と自宅とは別に設けるものですが、そのような際には、莫大な土地が必要となってきますので、地元の名士との人脈が必要になってきます。特に田舎などの地方では、こうした名士、元地主と呼ばれる方たちが土地の多くを持っており、所有者となっているため、不動産などを頼るよりも、良いことが多いケースがあります。

開業を行う場合には土地の確保が必須

まず、当然ですが開業を行う際には、その地域のことをよく知っていなければなりません。地域によっては、医師が開業を行わなくても、既に大きな病院が近くにある、などのケースの場合には、開業をする必要性がゼロのところもあります。ただ、産婦人科などのように、全国的に医師不足となっている分野に関しての開業は、国などからの支援もかなり行われるため、開業を行う上では、とても援助金が多いです。また、土地の確保については、地域によっては元地主と呼ばれる人たちが多くの土地を持っており、そちらから提供を受けなければ、そもそも土地を購入出来ない、という地域などもあるため、まずは、資金と同時に土地の確保を行うことが、とても重要になってきます。また、近くに似た系統の、例えば内科と内科が重なってしまうと、患者さんの奪い合いになることがあるため、この点は注意が必要となってきます。

土地の確保を行う際には地元の名士を頼ると良い

開業を医師の方が行う際には、意外にもその土地の高さなどに驚くことがあるものです。この場合、どのような土地を選べばいいのか悩むものですが、実際的に、昔からその土地に住んでおり、「村長」や「議員」などを行っていた名士と呼ばれる人の場合には、もともとのその土地の権威をかなり持っているため、土地を提供してくれる際に、医師の先生に良い土地を開業のために、提供してくれることがあります。これは、開業が地元のためになるということ、また地域の名士の方の場合には、もともと、その土地で名前がとても知られている方であることから、土地を多く持っており、余っている土地などは買い取りを行わなくても、貸す、という形で土地の提供を、開業を考えている医師の先生に行ってくれます。中間手数料などがかからないため、この点はとても良い点となっています。