医師になるというのはとても大変なことです。まず、医学部に入学するのには学力が著しく必要です。さらに入学してからも努力をしなければなりません。医師免許を取るためには、医学部受験などは比にならないほどの努力が必要となります。そして研修医期間を終え、自分の専門分野を決めます。それからはまず、大きな大学病院や公立の病院などに勤務して働く、いわゆる勤務医となります。勤務医として、医学的なスキルを磨きます。ある程度のスキルが身に付いてから考えることが独立です。勤務していた病院から独立して開業することです。開業をすると教授などに気を使うこともせず、自分の自由に診療を行うことができます。また収入面も勤務医の頃よりも良くなることが多いです。ですが、良い面ばかりではなく注意する点もあります。

勤務医の頃よりも大変になってしまうこと

開業すると勤務医の頃よりも収入が良くなるというのは事実ですが、開業医は勤務医の頃とは違う面で支出も多いことを知っておかなければなりません。親が元々開業医であるという人には関係ありませんが、今から自分自身で独立するという人は土地や設備に多大なお金がかかるということを覚えておきましょう。また人件費もかかります。今までであれば、病院が雇っていた看護師もこれからは自分で雇わなければなりません。開業してしばらくはベテランの看護師を雇うには人件費が多くかかるので、若い看護師を雇うことが多いです。そうなると勤務医の頃に受けていたサポートよりも低いレベルのサポートになってしまうでしょう。その穴を自分で埋めることができるスキルと余裕を持っていなければ仕事をやってはいけません。

患者を第一に考える医師になろう

勤務医の頃と違う点としてもう一つは、開業医は患者ありきの存在であるということです。自分の専門分野に合った診療科を選ぶことは独立するのに必須なのは当然ですが、開業する地域というのもとても重要になってきます。自分が生まれ育った故郷に病院を建てるのも良い手です。自分に合った客層の地域を選ぶというのが、立地を考えるときに大切になってきます。また周りに他の開業医がたくさんいる所はオススメできません。患者を集めるには口コミが一番有効的な方法です。患者はお客様であるという考えを常に頭に置いて、接客業を行っているつもりで診察しましょう。しっかりと患者の目を見て話を聞く、これだけでも患者の方は信頼してくれます。信頼を勝ち取りましょう。このように勤務医の頃よりも患者のことを良く考えるのが開業医だと言えます。