医師として病院で働いて患者の情報を掴む、開業予定地に先に引越しをする、この2つが開業前に知るべきことです。患者の情報を掴むには、内科なら訪れる患者数で判断でき、小児科なら子育て世代の数を大体知ることができます。精神科か心療内科なら、その地域で働く人々の状況が患者の話から理解できます。病院へやって来る患者の数を知るには、駐車場に駐車してある車の数を調べるのも良い手法です。開業予定地に先に引っ越して、数年間その地域で過ごせば町の人々に顔を覚えてもらいやすいです。引越した後は宣伝にもなるので、地域の運動会などのイベントは欠かさず出るようにします。開業した場所で生活できるかについても重要なことです。開業後は最低でも2人は雇わなければいけないため、患者が来なくても大丈夫なように多めに資金を用意しておきます。

大きな病院で患者の情報をある程度は掴むことができる

医師として開業する前に、同じ市内にいくつかある大きな病院に勤めるのも悪くないです。例えば内科の医師なら頻繁に通う年齢層がわかりやすく、小児科なら子育て世代の数を大体知ることができます。精神科か心療内科では、患者から話を聞くことにより周囲で働く人々の状況が理解できます。開業をしてもやっていけるかどうかは、大きな病院の患者の数で判断するのも良いです。病院の駐車場に駐車してある車を数えるのも患者数を知る方法です。どの科目に通っているかまでは知ることはできないですが、車が沢山あるほどその病院の知名度があるという証拠になります。看護師に、どういう患者が多いのかについて聞いてみるのも効果的です。話を聞くことにより、医師として開業する際のヒントをもらえることがあります。

開業を予定する土地へ引越しをしておくと効果がある

病院を開業している土地へ引越しをして、地域の人達に挨拶回りをします。医師は珍しい職業なことから、色々な人達にすごいと言われるかもしれないです。すると、医師の顔を覚えてもらえるため、開業をした後に便利になります。この時の自己アピールのコツは、あまり自己を表現せず、挨拶をしている相手を褒めることに専念することです。引越しをした後は、その地で数年間は普通に病院勤務をして過ごします。土日に地域のイベントで何かする時は、積極的に参加をして認知度を上げるようにしていきます。開業後に患者が来なくても生活していけるように、お金を貯めておくのも重要です。開業すれば人を雇わなければいけないので、最低でも2人分の給料を用意しないといけないです。また、お金は病院で長年継続して勤務していれば自然と貯まりますが、無理をしないように働く必要があります。