医師というのはとても大変な職業です。医学部に入るのに努力をし、医学部に入った後にさらに努力をし、やっとの思いで医者になり、大学病院や市立病院でスキルを磨いた後、次にやりたいこととして独立を上げる方は医師の中で多いです。ですがまずは、開業して医師の職を続けるというのは、大きな病院に勤務するという事とは全く違うという事を知っておかなければいけません。ここでは、開業するにあたって検討すべき様々なことについて挙げていきます。勤務医の頃よりもコミュニケーション能力が必要となり接客業としての面が強くなること、そして気になる、勤務医と開業医の収入の違いなどについても触れていきます。メリットとデメリットともに存在する開業医について詳しく見ていきましょう。

独立することで生まれることとは

大きな病院で働くことが悪いわけではありません。大きな病院だからこそある設備、人材など良い点は様々です。そんな安定した職場であるにも関わらず、なぜ独立したいと考えている人は多いのでしょうか。それは、独立するメリットもたくさんあるからです。第一に開業すると自分自身で物事をすべて決定することができます。大学病院などにいると、教授の顔色を窺ったり、病院の利益を第一に考えたりなど、自分の考えを押さえつけて仕事を行わなければならないことも多いです。ですが開業をしてしまえばそのようなしがらみに捕らわれることなく自由に仕事ができます。独自のスタイルで仕事ができるのは魅力的です。また、生まれ育った故郷に帰ることで、地域に恩返しができるというのも独立する理由として多く挙げられています。

開業と勤務の収入の違いと開業にあたっての注意点

開業医と勤務医の一番の違いでみんなが関心を持っているのは収入面です。独立すると給与ではなく、事業としての収入になります。収入としては、開業医よりも勤務医のほうが高いのは確かです。ですが、だからといって開業医の方がお金を持っていると決めつけるのは間違いです。独立するにはまず土地や設備が必要です。親が開業医であるという人は関係ありませんがこれから開業を始める方はそれなりの資金が必要です。そう考えると独立するのは大変である事がわかります。また気を付けることも多いです。立地は周りの開業医が少なく人が多いところが良かったり、患者に好かれて口コミで評判を上げたりなど患者に気を使うことが多くなります。このように開業は、良い点ばかりではありませんが長く続けたときに利益を上げることができる良い選択だといえるでしょう。